メンバー紹介



■教授 袋布 昌幹 (たふ まさもと) 博士(工学)
戻る >>
 
【印刷物による研究成果】 (逐次更新中)
 
<Original Article
  1. S. Huanga, X. Zhangb, M. Tafu, T. Toshima, Y.M. Jo, “Study on subway particle capture by ferromagnetic mesh filter in nonuniform magnetic field”, Sep. Purif. Technol., 156, 642–654, (2015) DOI: 10.1016/j.seppur.2015.10.060
  2. M Tafu, T Toshima, A Manaka, T Chohji, M Irie, “Chemical prosperity of various chemical gypsums from viewpoint of particle morphology”, J. Phys.: Conf. Ser., 596, 012001 (2015), DOI:10.1088/1742-6596/596/1/012011
  3. T. Toshima, R. Hamai, S. Fujita, Y. Takemura, S. Takamatsu, M. Tafu, “Morphology Changing at Incipient Crystallization Condition”, J. Phys.: Conf. Ser., 596, 012009 (2015), DOI:10.1088/1742-6596/596/1/012009
  4. Z. Yang, T. Shimizu, T. Kitajima, K. Morisato, N. Moitra, N. Brun, T. Kiyomura, K. Kanamori, K. Takeda, H. Kurata, M. Tafu and K. Nakanishi, “Synthesis of robust hierarchically porous zirconium phosphate monolith for efficient ion adsorption”, New Journal of Chemistry (NJC, RSC), 39, 2444-2450 (2015). DOI: 10.1039/C4NJ01749H (2015)
  5. M. Tafu, T. Okazaki, T. Toshima, T. Chohji, “Effect of Coexisting Ions on the Reaction of Fluoride with Calcium Phosphate (DCPD) for Water Treatment”, International Journal of Biological Science and Engineering, 5(2), 35-37 (2014).
  6. 間中淳, 坂上千尋, 佐藤祐,五十嵐淑郎,袋布昌幹,入江光輝,“変色反応に基づく目視分析のためのデバイスの作製と性能評価”,J. Ecotech. Res., 17. 95-98 (2014).
  7. T. Toshima, T. Nakamura, R. Hamai, M. Tafu, T. Chohji, Y. Nakamura, S. Li, G. Qin, “Flash synthesis of non-trivial shaped oxide materials”, J. Ecotech. Res., 17. 89-93 (2014).
  8. T. Toshima, R. Hamai, M. Tafu, Y. Takemura, S. Fujita, T. Chohji; S. Tanda, S. Li, G. Qin, “Morphology control of brushite prepared by aqueous solution synthesis”, J. Asian Ceram. Soc., 2(1), 52-56 (2014) DOI: 10.1016/j.jascer.2014.01.004
  9. M. Tafu, T. Masutani, Y. Takemura, T. Toshima, T. Chohji, “Effect of hydroxyapatite on reaction of dicalcium phosphate dihydrate (DCPD) and fluoride ion”, Bioceramics Development and Applications, S1-015 (2013) doi: 10.4172/2090-5025. S1-015
  10. H. Onoda, R. Fukatsu, M. Tafu, "Reaction of sea shells with resemble phosphorus wastewater and application of products" J Environ. Occup. Sci., 2(2): 71-76 (2013) DOI: 10.5455/jeos.20130620121708
  11. K. Sazawa, T. Wakimoto, N. Hata, S. Taguchi, S. Tanaka, M. Tafu, H. Kuramitz, “The evaluation of forest fire severity and effect on soil organic matter based on the L*, a*, b* color reading system”, Anal. Methods, 5, 2660-2665 (2013)  DOI: 10.1039/c3ay26251k
  12. H. Onoda, R. Matsumoto, M. Tafu, “Removal of phosphorus with corbicula shells from resemble waste water and powder properties of by-products”, International Journal of Environmental Protection, 3(2), 1-4 (2013).
  13. 本山亜友里, 川上智規, S.K. Weragoda, 奥川光治, 芹川裕加, 袋布昌幹, 高松さおり, “スリランカにおける飲料水中のフッ素汚染の現状と対策”, 土木学会論文集G, Vol.49 (7), III-517-524 (2012)
  14. R. Hamai, T. Toshima, M. Tafu, T. Masutani, T. Chohji, “Effect of anions on morphology control of brushite particles”, Key Engineering Materials, 529-530, 55-60 (2012) DOI: 10.4028/www.scientific.net/KEM.529-530.55
  15. 宮重徹也,袋布昌幹,“建設廃棄物リサイクル企業の倫理的企業成長モデル”, 日本経営倫理学会誌,19巻,pp.187-196 (2012)
  16. T. Kawakami, S. K. Weragoda, M.A.M.S.L. Attanayake, M. Sakamoto, M. Tafu, H. Honoki, Y. Serikawa, “Fish Die-off and Water Quality in Kandy Lake, a World Heritage Site in Sri Lanka”, J. Ecotech. Res. 16, 39-45 (2011)
  17. 川上智規, 本山亜友里,芹川裕加,袋布昌幹, “鳥骨炭を用いた飲料水からのフッ素イオンの除去”, J. Ecotech. Res. 16, 71-74 (2011)
  18. A. Manaka, H. Sawai, M. Tafu, T. Toshima, Y. Serikawa, T. Chohji, “A Simple Preprocessing Method using Ion Exchange Resins for the Analysis of Fluoride Content in Gypsum”, J. Ecotech. Res., 16, 47-50 (2011)
  19. 袋布昌幹,丁子哲治,"リン酸水素カルシウム二水和物 (DCPD) 粒子表面へのナノ表面構造誘起",J. Ecotech. Res., 16, 65-69 (2011)
  20. 袋布昌幹,丁子哲治,伊永隆史,”リン酸カルシウムのナノ表面反応を用いた廃水および石こう中フッ素化合物の処理”,環境と安全 ,1(2), 33-39 (2010)
  21. M. Tafu, T. Chohji, I. Morioka, M. Hiwasa, H. Nakano, T. Fujita, "Stabilization of Fluoride in Waste Gypsum by Using Surface-Modified Calcium Phosphate Particle", Trans. MRS-J, 35(2), 377-380 (2010)
  22. M. Tafu, T. Nagamori, Y. Chujo, T. Toshima, S. Takamatsu, T. Chohji, I. Morioka, H. Nakano and T. Fujita, “Application of calcium hydrogen phosphate dihydrate (DCPD) to wastewater treatment”, Arch. Bioceram. Res., 9, 191-194 (2009)
  23. 伊藤通子,袋布昌幹,”学生実験における「プロジェクト推進型学習」について”,高専教育, 31, 259-264 (2008)
  24. M. Tafu and T. Chohji, "Leaching Behavior of Impurities in Waste Gypsum Board", WIT Transactions on Ecology and the Environment, 102, 991-998 (2007)
  25. T. Chohji, M. Tafu and S. Takamatsu, “Utilization of Carbonized Sewage Sludge as Materials Preventing Heavy Metals from Leaking in a Landfill", J. Ecotech. Res. 13, 1-4 (2007)
  26. M. Tafu and T. Chohji, “A method for estimating amounts of acid-soluble phosphate in carbonized sludge", J. Ecotech. Res. 12, 163-166 (2006)
  27. Y. Kawanaka, M. Koide, K. Matusita, M. Tafu and T. Chohji, “Thermal Properties and Crystallization of Ternary Glasses Based on Bi2O3 Applied to Solder Glasses”, J. Ecotech. Res., 12, 41-44 (2006)
  28. T Chohji, M. Tafu, N. Nakata and M.Tabata, “Thermal Behavior of the Phase Transition of Gypsum with Some Additives in the Environment on Arid Lands”, J. Arid Land Studies, 15, 469-474 (2006)
  29. M. Tafu and T. Chohji, “Reaction between calcium phosphate and fluoride in phosphogypsum”, J. Eur. Ceram. Soc., 26, 767-770 (2006) DOI:10.1016/j.jeurceramsoc.2005.06.031
  30. 袋布昌幹,丁子哲治,"リン酸水素カルシウム二水和物(DCPD)と水溶液中低濃度フッ化物イオンとの反応", J. Ceram. Soc. Jpn., 113, 263-267 (2005)
  31. 袋布昌幹,丁子哲治,"リン酸水素カルシウム二水和物(DCPD)の転化反応を用いた地下水中微量フッ素化物の簡易定量法",水環境学会誌, 28, 179-184 (2005)
  32. T.Chohji and M. Tafu,Estimation of acid-neutralization of air pollutants by KOSA aerosol particles traveled long distance to Toyama, Japan.", J. Ecotech. Res., 10, 131-133 (2004)
  33. 袋布昌幹,丁子哲治,"リン酸水素カルシウム二水和物(DCPD)を用いた大気中微量フッ素の簡易モニタリング", J. Ecotech. Res., 10, 83-89 (2004)
  34. 袋布昌幹,丁子哲治,"ミニマムエミッションを指向したフッ化カルシウム法による廃液中フッ化物イオンの高度処理", 水環境学会誌, 26, 33-38 (2003)
  35. T. Chohji, N. Tang, M. Tafu and M. Tabata, "An Ecotechnological Removal System for Fluoride in Water by Using Activated Alumina", J. Ecotech. Res., 7, 85-91 (2001)
  36. M. Tafu, S. Kagaya and T. Chohji, "A Separation Method for Simplified Determination of Fluoride by Using Calcium Phosphate", Anal. Sci., 17, i753-756 (2001). 
  37. R. Takahashi, S. Sato, T. Sodesawa, K. Suzuki, M. Tafu, K. Nakanishi and N. Soga, "Phase Separation in Sol-Gel Process of Alkoxide-derived Silica-Zirconia in the Presence of Poly(Ethylene Oxide)", J. Am. Ceram. Soc., 84, 1968-1976 (2001)
  38. M. Shima, T. Chohji, M. Tafu, M. Tabata and T. Korenaga, ”New Wet CO2 Recovery Process from Flue Gas by an Absorption System with a Cation Exchanger - An Ability of CO2 Fixation -”,IONICS, 21, 103-106 (1995)
  39. 袋布昌幹,丁子哲治,"環境教育を目的とした資源回収システム",富山工業高等専門学校紀要, 29, 37 (1995)


 <査読付総説類>

  1. 袋布昌幹,豊嶋剛司, 清水真,” 廃セッコウボードの新しいリサイクルの可能性”, J. Soc. Inorg. Mater. Japan, 22, 160-165 (2015) (総説)
  2. 野口真一,袋布昌幹,西川美穂,”廃セッコウボードから分離したセッコウ粉の固化材への利活用の課題”, J. Soc. Inorg. Mater. Japan, 22, 155-159 (2015)(総説)
  3. 袋布昌幹,豊嶋剛司,丁子哲治,” リン酸カルシウムを用いた汚染土壌に対するエコソリューション”, J. Soc. Inorg. Mater. Japan, 21, 421-425 (2014) (総説)
  4. 袋布昌幹,丁子哲治,” 廃セッコウボードの建設汚泥固化材へのリサイクル:現状と課題”, J. Soc. Inorg. Mat. Jpn., 15, 251-256 (2008) (総説)
  5. 袋布昌幹,丁子哲治, “乾燥地におけるフッ素問題に関連した材料工学的アプローチ”, J. Ecotech. Res., 11(3), 105-109 (2005) (総説)
<解説>
  1. 袋布昌幹,”ナノマテリアルの合成・性能評価に関する研究:環境分野へのナノマテリアル利活用に関する国際共同研究”, CSTC News, 215号,6-7 (2015)
  2. 袋布昌幹,豊嶋剛司,”環境中フッ素対策技術に用いるリン酸カルシウムの開発”,環境浄化技術,14(4), 79-82 (2015)
  3. 袋布昌幹,“リン酸カルシウム塩を用いた水環境中のリン資源回収とフッ素処理”,セラミックス,50, 126-130 (2015)
  4. 袋布昌幹,“廃石膏ボードリサイクル技術の現状と課題”,建設リサイクル,70,21-26 (2015)
  5. 袋布昌幹,”廃石膏ボードの地盤改良材への利用に伴うフッ素対策技術”,“地盤改良材を中心とした廃石膏ボードの再資源化に関する研究委員会”報告集(地盤工学会関東支部),67-74 (2013)
  6. 袋布昌幹,“未利用リン資源の回収と利活用”,PHOSPHOROUS LETTER, No. 75 , 13-16(2012)
  7. 袋布昌幹,” 環境技術を指向したリン酸カルシウム塩の反応性制御~土壌汚染対策技術を中心に~”,セラミックス,46,723-726(2011)
  8. 袋布昌幹,“現場に根ざした異業種連携による環境技術開発”,JST産学官連携ジャーナル,2011年3月号,34-35 (2011)
  9. 袋布昌幹,藤田巧,野口真一,“廃石膏ボードを建設用資材に再利用するために~入口から出口までの取り組みの現状と課題~”,建設リサイクル,54, 41-46 (2011)
  10. 袋布昌幹,豊嶋剛司,高松さおり,丁子哲治,”リン酸カルシウムの水溶液中反応を利用した環境修復技術”,セラミックス,44,635-638 (2009)
  11. 丁子哲治,袋布昌幹,高松さおり,水野渡,水木伸明,丸山真里,丸田昭輝,金井路也,”アルミ付容器包装材からのグリーン水素製造”,燃料電池,7巻4号,24-28 (2008)
  12. 丁子哲治,水野渡,水木伸明, 金井路也,袋布昌幹,丸山真里,高松さおり,“アルミ付き紙パック廃棄物からの水素製造による燃料電池システムの実用化”, アルミニウム,14巻70号, 113-117(2007)
  13. 袋布昌幹,丁子哲治,小森剛,西川宝三,”ナノ表面反応を用いたフッ素汚染土壌処理技術”,環境浄化技術,6(5), 37-43 (2007)


 <雑誌への寄稿文など>
 
  1. 袋布昌幹,“談話室:分析化学と材料科学の異業種連携への期待”,ぶんせき,2015年7月号,311 (2015)
  2. 袋布昌幹,“トピックス 変色反応を用いたオンサイト分析技術”,ぶんせき,2011年9月号,555 (2011)
  3. 袋布昌幹,"書評・無機化学−その現代的アプローチ−(平尾一之他著)",NEW GLASS,17(4),65-68 (2002)
<書籍>
  1. M. Tafu, A. Manaka, “Immobilization of Fluoride and Heavy-Metals in Polluted Soil”, Environmental Remediation Technologies for Metal-Contaminated Soils (Ed. H. Hasegawa et al.), Chap. 17, pp. 147-159 (総ページ254ページ), Springer (2015) ISBN 978-4-431-55758-6
  2. M. Tafu, T. Kawakami, A. Manaka, S. Furuyama, T. Toshima, T. Chohji, “Comprehensive solution and innovation for the sustainability of water resources”, Sustainable North African Society: Exploring the Seeds and Resources for Innovation (Ed. H. Isoda, M. Naves, A. Kawachi) Chap. 15, NOVA SCIENCE PUBLISHERS, INC., 177-185 (2015)
  3. 袋布昌幹,“廃石膏ボード等の建設廃棄物のリサイクルに必要なしくみ・技術”,「リサイクル・廃棄物事典」,産業調査会,550-551 (2012)
  4. 袋布昌幹,” 廃石こうボードなどの建設廃棄物のリサイクルと有効利用”, 「製造プロセスにおける排水・廃材からの資源回収」(伊藤秀章監修),CMC出版,138-144 (2010)
  5. 袋布昌幹,丁子哲治,“リン酸カルシウム除去剤によるフッ素汚染土壌浄化技術”,土壌・地下水汚染の浄化・修復技術集成,NTS, 277- 284 (2008)


 
<登録・出願公開特許>

【登録特許】

  1. 袋布昌幹,豊嶋剛司,丁子哲治,藤田巧,中野宏一,森岡一郎,森克己,前田誠,竹中一将,“フッ素不溶化剤及びその製造方法”, 特許5584915号,平成22年9月7日出願 (特願2010-108542の優先権利用)
  2. 袋布昌幹,豊嶋剛司,丁子哲治,藤田巧,中野宏一,森岡一郎,森克己,前田誠,竹中一将,“フッ素不溶化剤及びその製造方法”, 中国特許ZL2011 1 0119589.3
  3. 袋布昌幹,丁子哲治,藤田巧,中野宏一,森岡一郎,森克己,日和佐雅哉,前田誠,竹中一将,“フッ素不溶化剤,含有フッ素の溶出を低減させた石膏及びフッ素汚染土壌の処理方法”,特許5582356号(WO2010/041330 (PCT/JP2008/68441)),平成20年10月10日出願
  4. 袋布昌幹,丁子哲治,藤田巧,中野宏一,森岡一郎,森克己,日和佐雅哉,前田誠,竹中一将,“フッ素不溶化剤,含有フッ素の溶出を低減させた石膏及びフッ素汚染土壌の処理方法”,韓国特許10-1481635号
  5. 袋布昌幹,丁子哲治,藤田巧,中野宏一,森岡一郎,森克己,日和佐雅哉,前田誠,竹中一将,“フッ素含有排水の処理方法”,特許5414042号, 平成21年6月18日出願
  6. M. Tafu, T. Chohji, T. Toshima, T. Fujita, H. Nakano, I. Morioka, K. Mori, M. Maeda, K. Takenaka, “Fluorine insolubilizers and methods of producing same”,EP2386331 B1, 2013.5.1.特許認定
  7. M. Tafu, T. Chohji, T. Toshima, T. Fujita, H. Nakano, I. Morioka, K. Mori, M. Maeda, K. Takenaka, “Fluorine insolubilizers and methods of producing same”,US Patent 8,333,908,2012.12.8登録
  8. 袋布昌幹,丁子哲治,藤田巧,中野宏一,森岡一郎,森克己,日和佐雅哉,前田誠,竹中一将,(出願人:チヨダウーテ(株)),“重金属含有排水の処理方法”,特許5158520号, 平成21年3月23日出願
  9. 袋布昌幹,丁子哲治,藤田巧,日和佐雅哉,中野宏一,(出願人:(独)国立高等専門学校機構,チヨダウーテ(株)),“土壌固化剤及び土壌の固化方法”,特許4748608号,平成20年3月13日出願
  10. 水木伸明,丸山真里,丁子哲治,袋布昌幹,金井道也,水野渡,(権利者:トナミ運輸(株),富山県,日本テトラパック(株)),“水素燃料発生装置”,特許4719838号,平成19年10月31日出願
  11. 袋布昌幹,丁子哲治,藤田巧,日和佐雅哉,(出願人:(独)国立高等専門学校機構,チヨダウーテ(株)),“含有フッ素の溶出を低減させる石膏の処理方法”,特許4752038号,平成19年6月1日出願
  12. 袋布昌幹,丁子哲治,藤田巧,羽田準一,(出願人:(独)国立高等専門学校機構,チヨダウーテ(株)),“フッ素汚染土壌の処理方法”,特許4434156号,平成18年2月17日出願
  13. 丁子哲治,袋布昌幹,(出願人:メタウォーター(株),丁子哲治,袋布昌幹),“廃液中フッ化物イオンの高度処理方法”, 特許4368133号,平成15年4月25日出願




<特許出願>(公開分のみ掲載)
  1. M. Tafu, T. Chohji, T. Toshima, T. Fujita, H. Nakano, I. Morioka, K. Mori, M. Maeda, K. Takenaka, “Fluoride Insolubilizers and methods of producing same” KR10-2011-0043481, 2011.05.10 出願 (特願2010-108542, 2010-199480のパリルート移行特許)
  2. 袋布昌幹,豊嶋剛司,丁子哲治,藤田巧,中野宏一,森岡一郎,森克己,前田誠,竹中一将,“リン酸水素カルシウム二水和物の製造方法及びフッ素不溶化剤”, 特願2010-108542,平成22年5月10日出願(優先出願により見なし取り下げ)
    1. 袋布昌幹,丁子哲治,藤田巧,中野宏一,森岡一郎,森克己,日和佐雅哉,前田誠,竹中一将,“リン酸水素カルシウム二水和物の製造方法及びフッ素不溶化剤”,WO2011/064836 (PCT/JP2009/69783,JP 2011-543003), 平成21年11月24日出願
    2. 袋布昌幹,丁子哲治,森岡一郎,前田誠,岡山秀人,吹田延夫,“フッ素含有土壌の有効利用方法”,特開2011-104540,平成21年11月18日出願
    3. 丁子哲治,袋布昌幹,吹田延夫,清水義喜,“処理水の製造方法”,特開2010-179241,平成21年2月5日出願
    4. M. Tafu, T. Chohji, T. Fujita, H. Nakano, I. Morioka, K. Mori, M. Hiwasa, M. Maeda, K. Takenaka, “Fluorine insolubilizing agent, gypsum with elution of fluorine contained therein being reduced, and method for treating soil contaminated with fluorine, CN200880131466.8,EP2347835A1,2008年10月10日出願 (PCT/JP2008/68441移行特許)
    5. 袋布昌幹,丁子哲治,藤田巧,中野宏一,森岡一郎,森克己,日和佐雅哉,前田誠,竹中一将,“フッ素不溶化剤,含有フッ素の溶出を低減させた石膏及びフッ素汚染土壌の処理方法”,WO2010/041330 (PCT/JP2008/68441), 平成20年10月10日出願
    6. 坂本茂樹,水木伸明,丁子哲治,袋布昌幹,水野渡,新広昭,“廃棄物管理システム”,特開2009-110333,平成19年10月31日出願
    7. 丁子哲治,袋布昌幹,水木伸明,水野渡, “包装材廃棄物からの資源回収システム”,特開2008-207131,平成19年2月27日出願
    8. 丁子哲治,袋布昌幹,藤田巧,羽田準一,“石膏溶解用水溶液”,特開2006-292407,平成17年4月6日出願
    9. 太田義夫,丁子哲治,袋布昌幹,“フッ素除去剤”,特開2006-192346,平成17年1月12日出願
    10. 太田義夫,丁子哲治,袋布昌幹,“水酸アパタイト−炭酸カルシウム複合粒子の製造方法”,特開2006-44966号,平成16年8月2日出願
    11. 太田義夫,佐藤哲郎,岩下哲志,丁子哲治,袋布昌幹,“リン酸水素カルシウムの製造方法”,特開2005-289763号,平成16年4月2日出願
    12. 太田義夫,佐藤哲郎,岩下哲志,丁子哲治,袋布昌幹,“水酸アパタイト−炭酸カルシウム複合粒子,およびその製造方法”,特開2005-231920号,平成16年2月17日出願
    13. 丁子哲治,袋布昌幹,“廃棄物の安定化処理方法”,特開2004-216266号,平成15年1月25日出願



 
<招待講演>
  1. M. Tafu, “Development of calcium phosphate hybrid for catching fluoride ion”, 40th International Conference & Exposition on Advanced Ceramics and Composites (ICACC), 2016.1.29, Daytona Beach, FL, USA
  2. 袋布昌幹,”リン酸カルシウム塩の高機能化と環境分野への利活用”, 第46回 中部化学関係学協会支部連合秋季大会, 2015年11月8日・三重大学
  3. 袋布昌幹,” 環境技術にアプローチするセラミックス科学・技術”(基調講演),日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム,2015.9.16,富山大学
  4. 入江光輝,袋布昌幹,藤正督,”セラミックスと水資源 乾燥地でそれらをつなげる“,日本セラミックス協会第28回秋季シンポジウム,2015.9.16,富山大学
  5. 袋布昌幹,”廃石膏ボードのリサイクルを推進する社会システム、技術開発”,広島循環型社会推進機構・ H27年度「エコビジネス振興のための人材育成講座」特別講演, 2015年9月4日・広島市
  6. 丁子哲治,袋布昌幹,高田英治,原正憲,“環境材料工学における科学技術論~放射性セシウムによる汚染土壌の除染に関する研究~”,日本セラミックス協会第27回秋季シンポジウム,2014.9.11,鹿児島市
  7. M. Tafu, T. Toshima, T. Chohji, “Treatment of Fluoride-Polluted Soil by Using Calcium Phosphate (DCPD)”, 15th International Union of Materials Research Societies, International Conference in Asia (IUMRS-ICA2014), 2014.8.26, Fukuoka, Japan.
  8. 袋布昌幹,“外部資金と産学連携を活用したエコイノベーションの構築事例から~科研費・共同研究・大規模プロジェクトのマネージメント~”,科研費等獲得に関する講演会,2013.10.02,熊本高専八代キャンパス
  9. 袋布昌幹,“生体内物質循環にヒントを 得た環境中フッ素処理技術と世界規模の環境技術への挑戦”,筑波大学北アフリカ研究センター第56回ARENA定期セミナー,2013.1.22,つくば市
  10. 袋布昌幹,“フッ素の不溶化対策および不溶化材の開発”,廃石膏ボードリサイクル推進セミナー,2012.12.26,鹿児島市
  11. 袋布昌幹,“廃石膏ボードリサイクルにおけるフッ素問題とその対策”,建設資源リサイクル研究会第106回定例会(講演会),2012.9.21,大阪市
  12. 袋布昌幹,” 地域企業との連携・競争的研究資金を活用したKOSEN発エコソリューション創成の取り組み”,香川高等専門学校産業技術振興会講演会,2012.6.11, 高松市
  13. 13. 袋布昌幹,“KOSENの特性を活かした外部資金獲得・産学連携の事例-環境技術への展開-”,第4回北海道地区産学官連携戦略展開研修会,2012.1.28,札幌市
  14. 14. 袋布昌幹,“廃石膏ボードを建設用資材に再生利用するために~入口から出口までの取り組みの現状と課題~”,北陸の建設リサイクル講習会(富山) ,2012.1.16,富山市
  15. 15. 袋布昌幹,“KOSENをコアとした産学連携・地域貢献・外部資金獲得~環境技術に関する私たちのいくつかの経験から~”,第12回科学技術特別シンポジウム,2011.10.14,新居浜工業高等専門学校
  16. 袋布昌幹,“異業種連携によるECOソリューションの開発・実用化 -外部資金を活用した産学連携-”,産学官連携研究活動講演会, 2011.3.4, 鈴鹿工業高等専門学校
  17. 袋布昌幹,”高専の特性を活かした産学連携の成功事例(パネルディスカッションのパネラー)”,第6回中小企業産学官連携推進フォーラム(中小機構主催),2010.11.10,東京都
  18. 袋布昌幹,“産学連携と外部資金活用事例”,科研費等申請についての教員研修会,2010.10.21, 熊本高等専門学校(熊本キャンパス)
  19. 袋布昌幹,” 生体内物質循環をヒントにした新発想エコソリューション~建設廃棄物リサイクルを中心に~”,第8回全国高専テクノフォーラム,2010.8.18-19,大分市
  20. M. Tafu, “Eco-Solution for Recycling Waste Gypsum Board and Construction Sludge Developed by KOSEN-Companies Collaborations”, International Symposium on Innovative Technology towards Sustainable Society, 2010.7.3-4, Takamatsu, Japan.
  21. M. Tafu, T. Chohji, I. Morioka, M. Hiwasa, H. Nakano, T. Fujita, “Stabilization of fluoride in waste gypsum by using surface-modified calcium phosphate particle”, 19th MRS-J Academic Symposium, 2009.12. 7-9, Yokohama, Japan
  22. 袋布昌幹,間中淳,豊嶋剛司,丁子 哲治”産学連携から生まれた新しい建設廃棄物の分析・評価技術の開発~廃石膏ボードの循環利用を目指して~“,東北分析・計測科学技術交流コンソーシアムフォーラム(産業技術総合研究所東北センター・東北サテライト),仙台市,2009.3.6
  23. M. Tafu, T. Chohji, S. Uesaka, I. Morioka, H. Nakano, T. Fujita, "Eco Innovation from "KOSEN" -Environmental Solutions for Soil Pollution and Recycle of Waste Gypsum Board-", Euro-Japanese Symposium on innovative eco-technologies, Pollutec 2008, December 2-3, Lyon, France
  24. 袋布昌幹,丁子哲治,“リン酸カルシウムの水溶液中反応を利用した環境浄化技術の開発”,日本セラミックス協会第21回秋季シンポジウム,北九州市,2008.9.19
  25. 袋布昌幹,丁子哲治,“廃石膏ボード/泥土リサイクルに関する現状と課題-フッ素などの化学物質に着目して-”,泥土リサイクル協会平成20年度総会基調講演,名古屋市,2008.6.11
  26. 袋布 昌幹,"廃石膏ボードリサイクルにおける不純物の問題と対策~フッ素などの化学物質に着目して~”,北関東産官学研究会・廃石膏ボードの再資源化と地盤改良への適用に関するワークショップ,群馬県桐生市, 2007.08.17
  27. 袋布 昌幹,”環境中フッ素への取り組み~分析,固定,環境浄化~”,北軽井沢大学村協同組合講演会,群馬県長野原町,2007.08.16
  28. 袋布 昌幹,”水環境中などのフッ素化合物~東アジアの話題から私たちの研究成果まで~”,北軽井沢大学村協同組合理事会,群馬県長野原町,2007.07.21
  29. 袋布 昌幹,”生体にヒントを得た環境浄化技術~産官学商連携による実用化に向けて~”,金沢大学「太陽エネルギーを利用する環境調和型社会実現に向けた基盤技術創成拠点の形成」特別講演会,金沢市,2007.06.28
  30. 袋布 昌幹,”石膏中に含まれる不純物とそのキャラクタリゼーション技術”,北関東産官学研究会・第2回廃石膏ボード再資源化情報交換会,群馬県桐生市, 2006.11.17
  31. 袋布 昌幹,”バイオミメティックナノ表面反応を用いたフッ素汚染土壌改良技術の提案”,第1回富山県環境技術事業協同組合講演会,富山市, 2006.04.21
  32. 丁子 哲治,袋布 昌幹,”環境材料工学と分析化学”,第32回中部化学関係学協会支部連合秋季大会,岐阜大学, 2001.10.5
  33. 袋布昌幹,”フッ素などの有害物質による水環境問題とその対策”,(社)ニューガラスフォーラム 平成12年度第1回環境問題研究会,ニューガラスフォーラム,2000.06.23
  34. 丁子哲治,袋布昌幹,”ゼロエミッションを指向したフッ素汚染水の資源化システム”,東アジア地域の環境調査事例報告会,石川県職員会館,1998. 2. 16
  35. 袋布昌幹,丁子哲治,”材料科学の視点から見たフッ素汚染水処理技術”,第4回国際学術研究フォーラム,富山県民会館,1997.12.25