水処理評価技術開発

比色法による既存のフッ素分析で問題になっていた、「色の変化がわかりにくい」ことを克服できる、「ある濃度を境目に色が急激に変化する」二値化分析が可能になる反応系を構築、排水処理の効率を簡単に評価できるオンサイト分析法を開発します。

また、処理に伴って発生するスラッジ(汚泥)を再利用し、水処理材料や触媒などの製造技術を検討します。